大雨による土砂崩れで、唐津市浜玉町でJR筑肥線の車両が脱線した現場では7日夕、土砂の撤去作業が始まったが、復旧の見通しは立っていない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加