21日から期間限定で提供される「かぶと膳」(提供写真)

 神埼市千代田町の「味彩あらい」(新井康浩社長)は21日から、夏休み企画で「かぶと祭り」を開催する。祭りは昨年に続き2回目。新井さん(57)は「カブトムシの養殖方法を教え、ふれあうこともできる。多くの子どもたちに来てもらいたい」と呼び掛ける。

 新井さんは約10年前から、趣味でカブトムシの養殖を始めた。最初は水槽で育てていたが徐々に数が増えていき、店舗に隣接する「あらい花公園」内に90平方メートルの飼育場を設けて約800匹を育てている。

 8月31日までの祭り期間中には「かぶと膳」(ソフトドリンク付き、税別1500円)を限定で提供する。小学生以下が対象で1日限定10食、前日までの予約が必要。期間中に予約するとカブトムシの雄雌を1匹ずつもらえる

 店休日は毎週月曜日。営業時間は午前11時半から午後3時、午後5時半から午後9時半で、それぞれ30分前にオーダーストップする。問い合わせは、電話0952(37)6217。

このエントリーをはてなブックマークに追加