暖かく湿った空気が流れ込み、前線が活発化した影響で佐賀県内は6日、断続的に雨が降り続き、気象庁は数十年に一度の規模の災害が迫っているとして佐賀県などに大雨特別警報を出した。県内への特別警報は初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加