鼻の大きなかわいらしい人物について回るのは、自他の関係性などに悩む人間の陰。佐賀市の洋画家峰松詩織さん(23)は、キャラクターの人生の明暗に想像を広げ、空想で遊ぶように軽やかに絵筆を振るう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加