第60代三冠ヘビー級王座のベルトを手に大会へ意気込む宮原健斗さん=佐賀市天神の佐賀新聞社

 全日本プロレスに所属するプロレスラー宮原健斗さん(29)が佐賀新聞社を訪れ、25日にホテルマリターレ創世佐賀で開く「2018 SUMMER ACTION SERIES~肥前さが幕末維新記念大会~」をPR。チャンピオンベルトを肩に掛け、「勝って『佐賀最高!』と叫んで終わりたい。プロレスで佐賀を盛り上げる」とアピールした。

 全日本プロレスの九州ツアーで巡業し、佐賀大会は3回目。宮原さんらレスラー約26人が参戦して会場を盛り上げる。当日は6試合の予定。

 宮原選手は福岡県出身で父親は佐賀県出身という。今年3月に自身3度目となる第60代三冠ヘビー級王座に返り咲いた宮原さんは「チャンピオンとして佐賀でやれるので、楽しみにしてほしい。当日は気張ります」と意気込みを語った。

 試合開始は午後7時から。前売りチケットは特別リングサイド7千円、リングサイド5千円、指定席4千円(小中高生の前売りは一般と同様、当日券は千円)。問い合わせはホテルマリターレ創世佐賀、電話0952(33)5511。

このエントリーをはてなブックマークに追加