カフェの広さなどについて説明を受ける事業者(手前)=佐賀市のバルーンミュージアム

 佐賀バルーンミュージアム(佐賀市)の施設内にカフェを新設するための説明会が4日、現地であり、市内の4事業者が出席した。昨年5月に2階のカフェが撤退し、現在はフリースペースになっている。市は今月下旬に出店業者を決定、開館2周年に当たる10月1日のオープンを目指す。

 市の担当者が施設の概要や応募要項、今後の手続きを説明した。出席者はミュージアムへの入場者数や基本使用料、前店舗の撤退理由などについて質問した。

 市は25日の面接を経て出店業者を決める。市観光振興課は「観光施設の中で飲食は魅力の一つになる。バルーンミュージアムならではのカフェになれば」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加