乳幼児を中心に夏場に流行する感染症「ヘルパンギーナ」について、佐賀県は4日、患者報告数が基準値を超えたとして、2017年度に続き流行発生の警報を発令した。県健康増進課は「丁寧な手洗いを心掛け、タオルの共有は避けて」と注意を呼び掛けている。

 健康増進課によると、6月25日~7月1日の1週間に、県内23の定点医療機関から報告された患者報告数は153人で、前週から62人増加した。1医療機関当たり6・65人になり流行警報基準値の6人を超えた。

 ヘルパンギーナは夏風邪の代表的な疾患で、発熱と口の中にできる水疱(すいほう)性の発疹が主な症状。1週間程度で改善するが、ウイルスは2~4週間にわたって便の中に排出されるため、幼児のおむつ交換後や食事前の手洗いも重要だという。

このエントリーをはてなブックマークに追加