山口祥義知事(右)の音頭で乾杯する学生たち=佐賀市のロイヤルチェスター佐賀

 佐賀県内の大学生らに佐賀の良さを再認識してもらい、就職や定住を促す交流イベント「Re:サガミーティング」が4日、佐賀市のロイヤルチェスター佐賀で開かれた。約300人が参加し、山口祥義知事が働きやすさや住みやすさをアピールした。

 県内に拠点を置く4企業が会社の事業内容を説明した。山口知事は、世界で活躍する企業が多数あることや、子育てがしやすく仕事と家庭が両立できる環境を紹介し「これから佐賀の時代が来ることは間違いない。佐賀から世界を目指そう」と呼び掛けた。

 県産食材を使った料理や飲み物が振る舞われ、県内企業や維新博をPRするブースも並んだ。

 友人に誘われて参加した太郎浦奏美さん(20)=佐賀大学農学部2年、多久市出身=は「知らなかった企業の話を聞くことができてよかった。ご飯もおいしい」と笑みを浮かべ、「佐賀で働きたい気持ちが芽生えてきた」と話した。

 今後の予定は次の通り。

 【大阪】7月14日 ANAクラウンプラザホテル大阪(定員100人)

 【東京】9月1日 クルーズクルーズ新宿(定員150人)

このエントリーをはてなブックマークに追加