関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを認めなかった名古屋高裁金沢支部の判決に、「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初美代表(66)=佐賀市=は「予想はしていたが、誤った判断だ」と憤る。

 「原子力政策については政府と裁判所が連携していて、司法の独立性が保たれていない」と批判し、「いつか正しい判断が下されるまで、諦めず闘う」と係争中の訴訟や仮処分を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加