西面から見た石橋家

慶誾寺の山門と本堂

 鹿子は佐賀城下の南方に位置し、慶長絵図(1596~1615)に鹿子と記されています。文化14(1817)年の郷村帳によれば、鹿子村、鹿子下村と周辺の村々を含んだ広範囲の地域であったようです。

 鹿子は鎌倉時代初期の有明海の海岸線と考えられます。戦国時代末期には、龍造寺氏の本拠地である水ヶ江龍造寺の水ヶ江城の近くであり、この地方の士豪が龍造寺氏の譜代家臣団を構成していました。

 鹿子には龍造寺隆信の母慶誾尼(けいぎんに)の菩提寺である慶誾寺があります。この寺は曹洞宗で本尊は如意輪観音です。もとは鍛冶屋村(現在の東与賀町)にあって、慶長3(1598)年、慶誾尼によって現在地に移されました。

 石橋家は周囲に空き地という自然を配し、建物は南面にして建てられています。屋根は近年に瓦ぶきにふき替えられています。形式は寄せ棟の入母屋造りで、南面に庭を配しています。間取りは、床の間、仏間を設けた座敷10畳と6畳、寝床8畳と6畳、その他に居間と板の間を付けています。

 全体的に見て、ゆったりとした部屋の空間で、稲作農家特有のどっしりとした腰の据わった雰囲気が漂っていました。屋根瓦と白壁がうまく調和し、素晴らしい田園風景に溶け込んでいました。(北原學)

このエントリーをはてなブックマークに追加