佐賀市の窓乃梅酒造(古賀釀治社長)は、明治維新150年に合わせて特別に仕込んだ「純米大吟醸 閑叟(かんそう)を県内酒販店で発売した。 同酒造は佐賀鍋島藩の御用蔵で、鍋島直正が蔵の名付け親。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加