高校生の秀作がたくさん出品され、101回目で若返った印象を受けた。 洋画一席の高津愛加さん「とける少女」は、目にした瞬間ぐっとくるものがあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加