校内で一番夕日がきれいに見えた2階渡り廊下が舞台。制服や校舎にできた光と影のコントラストを意識し、少女が光に包まれ体の輪郭が薄まっていく様子を「とける」と表現した。 所属する美術部の同級生がモデル。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加