強風による倒木で道路がふさがれ一時通行止めになった=3日午後5時ごろ、伊万里市二里町の国道498号

台風の影響とみられる倒木でふさがれた歩道=午後3時35分ごろ、有田町立部

 強い台風7号は3日午後5時、長崎県対馬市の南南西約50キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいる。佐賀県内にも最接近しているとみられ、各地で倒木の被害などが相次いでいる。県内には大雨や暴風警報が出されており、佐賀地方気象台は警戒を呼びかけている。

 JR九州によると、博多-佐賀・長崎間は、博多-佐賀間で特急「かもめ」が1時間に1往復程度運転。博多-佐世保間は下りが「みどり7号」(博多10時32分発)、上りが「みどり8号」(佐世保9時47分発)以降が運休。博多-ハウステンボス間は下りが「ハウステンボス9号」(博多11時31分発)以降、上りは全てが運休。

 佐世保線は停電の影響で、武雄温泉-早岐間の運転を見合わせている。また長崎線は倒木の影響で、肥前山口-長崎間で上下線とも運転を見合わせている。

 佐賀空港管理事務所によると、3日の佐賀空港発着便は午前6時35分の佐賀発羽田行きANA452便を除いて全便欠航となった。また4日も午前6時35分の佐賀発羽田行きANA452便の欠航が決まった。

 佐賀県の災害情報連絡室によると、3日午後4時現在、玄海町を除く19市町が避難所を開設し、そのうち佐賀市や白石町など17市町で191世帯221人が自主的に避難している。

 午後4時半から唐津市肥前町と長崎県松浦市鷹島町を結ぶ鷹島肥前大橋が強風のため全面通行止めになっている。また午後4時半現在、鹿島市と嬉野市を結ぶ市道御神松線は浸水のため、通行止めになっている。

 九州郵船によると、唐津と壱岐を結ぶフェリーは往復の全4便が欠航した。

 県教育委員会などによると、午前9時半現在、県立学校は盲学校が始業を1時間遅らせ、唐津特別支援学校好学舎分校が平常通り授業を行ったほかは、定時制6校も含めすべて休校となった。私立は弘学館中・高(佐賀市)が午前中で授業を切り上げた。

 西九州大は神埼、佐賀、小城の全3キャンパスの講義を休講、佐賀大は医学部を除いて休講とした。短大は西九州大短大部、佐賀女子短大、九州龍谷短大が休講となった。

 佐賀県は、県庁展望ホールで夜間(午後8時~10時)に実施しているプロジェクションマッピング「星空のすいぞくかん」の上映を中止した。(3日18時現在)

このエントリーをはてなブックマークに追加