「佐賀県警察あんしん情報」のQRコード

 ニセ電話詐欺の被害が佐賀県内でも後を絶たないことを受け、佐賀県警は、無料通信アプリLINE(ライン)を活用した防犯情報の発信を1日から始めた。注意喚起の情報を送るほか、犯行の手口を再現した画像や動画なども発信する。マクドナルドと連携し、登録者に期間限定でクーポンを配布するなど、登録者増に向けた工夫も重ねる。

 県警によると、昨年、県内でのニセ電話詐欺による被害額は約1億4000万円。オレオレ詐欺や還付金詐欺は高齢者の被害が多いが、未納請求メールなどの架空請求詐欺の被害は、10~20代の若い世代も多い。幅広い世代が利用するLINEを活用することで、幅広い層へ防犯情報の浸透が期待できるという。

 6月29日には佐賀市のゆめタウン佐賀で、啓発イベントがあり、県警の職員やマクドナルドのマスコットらがLINEの登録を呼びかけた。8月31日までに登録すると、マクドナルドから「マックフライポテトSサイズ」の無料クーポンがもらえる。

 登録方法は、LINEのアプリを使って「佐賀県警察あんしん情報」で検索するか、「@sfh3483c」でIDを検索して登録する。

このエントリーをはてなブックマークに追加