大雨による災害への対応策の一つに避難所の利用が挙げられるが、佐賀県内20市町の指定避難所計640カ所のうち、約半数にあたる310カ所が浸水や土砂崩れで被災する恐れがある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加