ボールを取り合う親子=唐津市和多田の市文化体育館

 親子でボール遊びに親しむ「SOMPOボールゲームフェスタ」が6月30日、唐津市文化体育館であった。四つの球技の元プロ選手ら8人が、体の使い方から優しく指導した。

 競泳元日本代表の宮下純一さんがゲストで登場。参加した親子は、転がしたボールを背中やおしりで止めたり、しりとりしながらパスを出したりして楽しんだ。

 午後からは、バレーやバスケットボールなど4種目を体験。サッカーでは、元浦和レッズレディースの安田有希さんらが足でボールを扱う技術を伝授した。子どもたちは的にボールを当てるゲームに挑戦。なかなか当たらず苦戦していた。

 イベントには267人が参加した。お母さんと参加した北波多小3年の渕上亜鼓さんは「ボールを取り合うゲームが楽しかった。教えたもらった遊びを家でもやりたい」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加