初優勝を決め、マウンドに集まって喜ぶ三田川少年の選手たち=佐賀市のみどりの森県営球場(撮影・鶴澤弘樹)

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球佐賀県大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、日本マクドナルド協賛)最終日は1日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、三田川少年(吉野ヶ里町)が神野少年(佐賀市)を7-4で下して初優勝を飾った。

 3位以上の4チームが出席した表彰式では、県軟式野球連盟の古賀盛夫会長や佐賀新聞社の田中稔営業局長らが「力あふれる好プレーに感動をもらった」と選手たちの健闘をたたえ、メダルを授与した。

 優勝した三田川少年は8月19日から東京で開かれる全国大会に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加