台風7号は1日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。暴風域を伴いながら2日未明ごろ沖縄にかなり接近する見込み。海上は大しけになり、沖縄から九州北部までの広い範囲で高波への注意が必要だ。西日本では2日にかけて台風周辺の湿った暖かい空気が流れ込み、局地的に非常に激しい雨になる恐れがあり、気象庁が警戒を呼び掛けた。

 台風は沖縄に接近後は東シナ海を北上し、3日朝にかけて九州北部に近づくとみられる。1日午後9時現在、台風は那覇市の南西約130キロの海上を時速15キロで北北西に進んだ。

 佐賀地方気象台によると、佐賀県への最接近は3日昼前の予想で、この日は大荒れの天気になる見込み。2日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで30ミリ。その後の3日午後6時までの24時間は200~300ミリが予想される。2日の最大風速(最大瞬間風速)は唐津地区の沿岸海域で15メートル(25メートル)、有明海は15メートル(25メートル)、陸上では10メートル(20メートル)と予想。3日はさらに強まる見込み。波の高さは唐津地区の沿岸海域で2・5メートル。

このエントリーをはてなブックマークに追加