中山間地域で大きな課題となっている水田の畦畔(けいはん)管理対策として、佐城農業改良普及センターは、芝の一種であるセンチピードグラスの効果検証を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加