総会であいさつするJA佐賀中央会の金原壽秀会長=佐賀市の県JA会館別館

 JAグループ佐賀のJA佐賀中央会と各連合会の通常総会が29日、佐賀市の県JA会館別館で開かれ、2017年度の事業報告や18年度の補正予算など上程された全ての議案を原案通り承認した。中央会は定款の一部を変更し、会長、副会長の就任時の年齢を68歳未満から70歳以下とした。

 金原壽秀会長はあいさつで、米の食味ランキングでの「さがびより」と「夢しずく」の特A獲得やイチゴの新品種「佐賀i9号」のデビューなど明るい話題を紹介。一方で、国際貿易交渉や農協改革など農業を取り巻く厳しい環境に触れ、「農協のありようを組合員、地域のみなさんに理解していただき、農協が必要とされるよう頑張っていきたい」と決意を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加