佐賀県有明海漁協は29日、通常総代会を佐賀市で開いた。国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡り、徳永重昭組合長は「有明海再生のために開門調査を含む環境変化の原因究明が必要との思いは一貫している」という認識を示した。