旧優生保護法(1948~96年)に基づき、障害者らへの不妊手術が繰り返されていた問題で、佐賀県は29日、国に「個人を特定する資料は確認できなかった」とする報告書を提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加