部活動の在り方が注目されている。スポーツ庁が3月に運動部の活動に関するガイドラインを策定、生徒の健康面を重視した合理的な指導を求め、活動時間の上限も示して過熱化に歯止めをかけようとしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加