オーストラリア原産の大型鳥・エミュー(参考写真)

 29日午前10時すぎ、佐賀県神埼市神埼町城原でオーストラリア原産の大型鳥「エミュー」が目撃されたと神埼市から神埼署に通報があった。市職員や署員、県中部家畜保健衛生所職員らが付近を捜索し、午前11時半ごろに雌1羽を捕獲、その後死んだ。ほかに雄1羽が逃げており、同署などが注意を呼び掛けている。

 逃げ出した2羽のエミューは、30代の自営業男性=佐賀市高木瀬=が、同町城原にある本人所有の敷地内で飼育していた。

 同署によると、雌を捕獲後、午後3時すぎに所有者を特定し確認したところ、雄も逃げ出していることが判明。2羽は27日午後6時以降に逃げたとみられる。

 中部家畜保健衛生所職員は「素手で捕まえてロープで縛った。背中にけがをしていて衰弱していた」と話し、県内でエミューが逃げ出した事例は「聞いたことがない」としている。

 逃げているエミューは体長150センチぐらいとみられ、同署は「おとなしい性格だが人を見ると驚いて逃げる恐れがある。外出するときは十分注意して、見かけたらすぐに通報してほしい」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加