第5区早苗饗願成就祭の様子=基山町小倉

 基山町第5区(旧小倉村)の老松神社で7月1日、田植えが無事に終わったことを神に感謝し、豊作を祈願する「早苗饗(さなぶり)願成就祭」が催される。

 祭りの世話は区内の各組合が輪番で担当し、関係者約20人が参列する。午前11時からの神事では、鳥栖市永吉町の永世神社神官の祝詞奏上の後、森永昭信氏子総代、井上善次第5区長が神前に玉串を奉てんする。

 神事後、同神社拝殿で、神と人とが共に食事をする直会の祝宴があり、永世神社から厄病の侵入を防ぐ神符(御守り)26枚が渡されると、あらかじめ準備した竹さおに挟み、区(村)の出入り口などの要所に神符が次々と立てられていく。第5区では他に、7月15日に伊勢山神社、16日に老松神社で夏の祭典を予定する。問い合わせは井上区長、電話0942(92)6714。(地域リポーター・久保山正和=基山町小倉)

このエントリーをはてなブックマークに追加