大雨の影響で列車の運行が大幅に乱れた=29日午前9時20分ごろ、佐賀市のJR佐賀駅

 梅雨前線の活動が活発になっている影響で29日、佐賀県内は各地で大雨になった。JR鹿児島線や長崎線で一部の列車に運休や遅れが発生するなど交通機関にも影響し、県内で最も雨が降った鳥栖市では床上浸水の被害や道路冠水による通行止めも発生した。

 JR九州によると、鹿児島線の基山―久留米間が午前10時ごろまで運転を見合わせたほか、長崎線、筑肥線、唐津線、佐世保線でも運休や運転見合わせ、遅れなどが発生した。

 県災害情報連絡室によると、鳥栖市轟木町で1軒が床上浸水、みやき町東尾では3軒が床下浸水の被害を受けた。県道佐賀川久保鳥栖線と中原鳥栖線、市道石橋川線では道路冠水による通行止めも発生(午後3時現在は解除)。佐賀市富士町畑瀬の市道が土砂崩れで、唐津市の県道鏡山公園線が倒木で、片側通行止めとなっている。

 県教育委員会によると、神埼清明高、鳥栖商高、伊万里商高定時制が休校となり、三養基高が始業時間を繰り下げた。小中学校では、鳥栖市が市内全12校を休校としたほか、みやき町の北茂安中が始業時間を繰り下げた。

 佐賀地方気象台によると、29日午前5~7時ごろと昼前が雨のピークで、1時間の最大雨量は鳥栖市が73・5ミリで、2010年の統計開始以降最大になったほか、伊万里市で69ミリ、佐賀市北山で56・5ミリを記録した。30日はいずれも多いところで、1時間に最大20ミリを予想。土砂災害への警戒を呼びかけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加