日本のプロダクトデザインを学ぶリヤさん

 昨年10月から武雄市の中山鉄工所でインターンとして仕事をしているリヤ・バハルティアさん。インドのコルカタ出身で、日本に来る前はシンガポールに住んでいました。滞在期間は1年で、「以前から興味のあった日本の工業デザインやビジネスを学ぶいい機会」と頑張っています。

 佐賀に来た当初は言葉の壁がありましたが、今はボランティアで英会話サークルを開いて日本の文化や生活について理解を深め、自身の持つ文化も紹介して、英会話以上の楽しみがあるそうです。

 将来の目標は、プロダクトデザイナーとしてさまざまな素材を用いて製品を手掛け、自身のスタジオを持つことだそうです。

 (地域リポーター・永松直子=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加