JR鹿児島線のアンダーパスが水に浸かり、水没した車=29日午前9時20分ごろ、佐賀県鳥栖市

 梅雨前線の活動が活発になっている影響で大気の状態が不安定になり、西日本を中心に30日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は29日、土砂災害や浸水、河川の氾濫への警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などにも注意を求めた。

 気象庁によると、中国大陸から日本海に延びる梅雨前線に向かい、南から暖かく湿った空気が流入。九州北部など西日本を中心に1時間に50ミリ以上の非常の激しい雨が降るほか、東日本でも太平洋側の山沿いなどで大雨になる可能性がある。

 30日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、四国180ミリ、九州北部150ミリ、東海120ミリが見込まれている。

 29日は佐賀県鳥栖市で1時間に73・5ミリの降水を観測。レーダーなどによる解析では、福岡県川崎町付近でも1時間に約110ミリが降ったとみられる。

 気象庁は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう訴えている。

気象・災害情報
交通・ライフライン情報

このエントリーをはてなブックマークに追加