佐賀県の山口祥義知事は28日の県議会閉会後、報道陣の取材に応じ、九州電力の池辺和弘新社長と近く面談し、玄海原発(東松浦郡玄海町)の安全性を最優先する企業風土の徹底を直接伝える考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加