佐賀区検は28日までに、道交法違反(酒酔い運転)の罪で、佐賀市立城南中学校の男性教諭(30)=停職中=を略式起訴し、佐賀簡裁が罰金60万円の略式命令を出した。同起訴は15日付、同命令は18日付。

 起訴状などによると、教諭は4月11日午前1時45分ごろ、小城市の県道で酒に酔った状態で乗用車を運転したとしている。

 小城署が道交法違反の疑いで教諭を現行犯逮捕した後、佐賀地検が教諭を釈放して在宅捜査に切り替えていた。県教委は自宅近くまで運転代行を利用していた点などを踏まえ、停職6カ月の懲戒処分としている。停職期間は10月25日まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加