岡本一行さん

 雪山の景色に魅せられ、約60年間、山岳写真を撮り続ける。80歳を超えてからも愛用のカメラを抱えて北アルプスなどを訪問。この秋にも訪れる予定で、年明けには3年ぶりとなる写真展を開くつもりだ。

 佐賀大学時代、山岳部の創部に奔走し、1960年の熊本国体・登山競技で2位に入った。スイスやニュージーランドなど海外の山にも足を伸ばし、これまでに「地球2周分」に当たる約8万キロを踏破した。

 中学教諭を経て71年の県議選で初当選。連続7期務めた。最近は自宅から約3キロ離れた小高い丘に登り、日の出を望むのが日課という。

 「心が洗われ、またここに来たいと元気をくれる」。訪れるたびに多彩な表情を見せる山の魅力をこう語り、カメラを向ける一瞬に神経を研ぎ澄ませる。小城市小城町。

このエントリーをはてなブックマークに追加