「夏の風物詩楽しんで」と銀天夜市のPRに訪れた実行委員会のメンバー=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀市中心商店街の夏を彩る「さが銀天夜市」が7月7日から8月4日までの毎週土曜日、佐賀市の656広場や白山名店街のお祭り広場などで開かれる。実行委員会のメンバーが佐賀新聞社を訪れ、「夏の風物詩、家族で楽しんで」とPRした。

 初日の7日は「えびす夏祭り」を同時開催。太鼓演奏やダンスなどで会場を盛り上げる。14日はSWINGのライブや子ども夜市、21日は高橋浩寿さんの津軽三味線の演奏、28日はハワイアンの夕べ、8月4日には、大人限定の三輪車レース、3~6歳の子ども向けランバイクレースを行う「GTYグランプリ」(受付は午後4時から)。

 恒例のカラオケ大会、ビンゴ大会、輪投げや釣り堀ゲームなど子どもも大人も楽しめるイベント満載。

 期間中は、ポートレートサービスや、金魚すくいなどの縁日、かき氷やピザなどの屋台村を用意。着ぐるみも会場を訪れる。

このエントリーをはてなブックマークに追加