撤去される小学校のブロック塀=27日、熊本市

 大阪府北部地震でブロック塀が倒れ、女児が犠牲となった事故を受けた各学校での緊急点検の結果、全国で少なくとも721の公立小中学校や特別支援学校で、地震で倒壊の恐れがあり危険と判定された塀があることが27日、共同通信が各教育委員会に実施した調査で分かった。843校に建築基準法に合致しない疑いがある塀があることも判明。集計は26日夕に締め切ったが、調査中との回答も多く、27日に兵庫県、愛知県、京都市で同様の疑いのある塀が公表されるなど今後、大幅に数が増えそうだ。

 調査対象は都道府県、県庁所在地の市、県庁所在地以外の政令指定都市、東京都23区の計121教委。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加