金嶽博署長から感謝状を受け取る小野原清子さん=鹿島警察署

 コンビニエンスストアで架空請求のニセ電話詐欺を未然に防いだとして、鹿島署(金嶽博署長)は26日、セブンイレブン佐賀嬉野みゆき通り店オーナー小野原清子さん(69)=嬉野市嬉野町=に署長感謝状を贈った。

 今月9日、来店した高齢女性が身に覚えのない未払い料金があると困惑していたところ、小野原さんは詐欺の可能性を伝えて警察に連絡した。女性に届いたはがきは「法務省管轄支局国民訴訟通達センター」をうたい、未納料金があると通知。女性が記載の番号に電話すると、コンビニ店での支払いを要求されたという。

 感謝状を受け取った小野原さんは「お客さまが被害に遭われなかったことが何より、よかった。今後もATM利用などに注意して声をかけ、被害防止に努めたい」。金嶽博署長は小野原さんの柔らかい人柄に触れ、「相談しやすい店舗づくりに励まれている結果でもあると思う。未然防止への貢献に感謝したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加