全盲のアマチュア囲碁棋士で、日本視覚障害者囲碁協会代表理事の柿島光晴さん(東京都)が25日、佐賀市の県立盲学校に視覚障害者用の囲碁盤「立体囲碁アイゴ」と碁石を寄贈した。 贈呈式に高等部の3人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加