東京商工リサーチ佐賀支店が22日に発表した佐賀県内の5月の倒産件数(負債額1千万円以上)は2件で前年同月と同数だった。負債総額は5億円以上の発生が全体を押し上げ、9億2千万円で今年最大。倒産件数は小康状態だが、原材料の価格高騰や人手不足が経営課題になっている。