九州新工芸家連盟の(生野徳三会長)の第39回展が、有田町の九州陶磁文化館で開かれている。大賞に輝いた白武初芳さん(佐賀市)の陶器「悠久」をはじめ、工芸の新たな可能性を追求した作品39点を展示している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加