スポンサー契約を結んだエリカ健康道場の北島昭博社長(左)からワッペンを受け取る大谷桃子選手=佐賀市のエリカ健康道場

 車いすテニスの大谷桃子選手(22)=西九州大3年、佐賀市=と健康食品販売のエリカ健康道場(佐賀市、北島昭博社長)がスポンサー契約を結び23日、佐賀市の同社新オフィスでワッペンなどの贈呈式があった。大谷選手は「地元からの応援はうれしいし、食品関係でのサポートも心強い」と喜んだ。

 

 大谷選手は栃木県出身。小学3年でテニスを始め、強豪の作新学院高では3年の時インターハイに出場した。卒業後に車いす生活となり、神埼市の西九州大に進学。車いすテニスの競技歴はまだ2年ほどだが、既に国内ランキングで3位につけている。

 エリカ健康道場は酵素健康飲料「優光泉」で知られ、レトルトの発芽玄米ご飯や味噌汁など自然食品の販売も手がける。大谷選手と今月13日に契約を結んだ同社は、これまでもボクシングやゴルフの選手との契約はあるが、佐賀の選手は初めてという。

 北島社長は「地元で応援できる選手を探していた。長期遠征での体調管理に商品を使ってもらえたら」とエール。大谷選手は「海外では日本食が恋しくなるし、体調をキープできるかも大きなポイントなので安心感がある。10月のアジアパラリンピックや東京パラリンピックでのメダル獲得へ頑張りたい」と笑みをこぼした。 

このエントリーをはてなブックマークに追加