バランスを取りながら集中してペダルをこぐ出場者=佐賀市の大和勤労者体育センター

 小学生が自転車の知識や運転技術を競う「交通安全子供自転車佐賀県大会」が23日、佐賀市の大和勤労者体育センターであった。県内の各地区から選抜された16校64人が出場し、鳥栖小が3連覇を成し遂げた。

 雨のため、屋外での安全走行テストを取りやめ、道路標識などを問う学科テストと、運転技術を披露する技能走行テストの2種目で競った。

 1チーム4人編成。技能走行では、縄ばしごを置いた道を走る「デコボコ走行」や8の字走行など、六つのコースで巧みなハンドルさばきを披露した。約1メートル間隔に置かれたピンをすり抜けて走る「ジグザグ走行」は難関で、バランスをとりながらピンを倒さず走った出場者には、会場から歓声が起こった。

 大会は県交通安全協会や県警などの共催。優勝した鳥栖小は8月8日に東京で開かれる全国大会に出場する。

 他の成績は次の通り。(敬称略)

 【団体】(2)鳥栖北小(鳥栖市)(3)浜小(鹿島市)(4)玉島小(唐津市)(5)厳木小(唐津市)

 【個人】(1)島崎海東(鳥栖小)(2)松野寛哉(同)(3)森大晟(同)(4)鷲尾賢人(鳥栖北小)(5)小池空(浜小)

このエントリーをはてなブックマークに追加