障害者の就労継続を支援する「A型事業所」の指定基準が厳格化され、佐賀県内でも廃止する事業所が目立ってきた。「福祉」と「収益」の両立が厳しく求められることになり、事業所間で明暗が分かれ始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加