代表決定戦・玄海エンジェルス-唐津焼鳥大海 6回表玄海エンジェルス1死一塁、1番湯浅の左中間二塁打で一走中山(背番号11)が生還。決勝点となる4点目を奪う=唐津球場

代表決定戦・佐賀シール工業A-佐賀シール工業B 2回裏佐賀シール工業B2死満塁、4番岡が左前に適時打を放つ=嬉野市の轟球場

 第56回佐賀県アマチュア野球王座決定戦(佐賀新聞社・県軟式野球連盟主催)の唐津地区と嬉野地区の代表決定戦が22日あり、玄海エンジェルスと佐賀シール工業Bが県大会出場を決めた。

 玄海エンジェルスは4-3で唐津焼鳥大海に逆転勝ちした。2点を追う五回、死球や敵失で無死満塁とし、4番加藤礼の内野安打などで逆転。六回は1番湯浅の二塁打で決勝点となる4点目を奪った。

 佐賀シール工業Bは佐賀シール工業Aを9-5で下した。1-1で迎えた二回、2死満塁から2番山口正の中前適時打で2点を勝ち越し、さらに4番岡の左前適時打などで3点を追加。五回には途中出場した山口剛のソロ本塁打も飛び出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加