唐津市役所・支所に設置されたテレビ電話=平成20年6月24日

 唐津市は、テレビ電話を活用した手話通訳による窓口サービスを全支所で始めた。本庁に待機する手話通訳者が問い合わせに応じ、聴覚障害者が本庁まで足を運ばず、支所で各種手続きを受けることができるようになった。

 市は本庁にコミュニケーション支援センターを置き、常駐する手話通訳者が聴覚障害者の手助けをしているが、財政的に各支所までは配置できていなかった。筆談だけでは意思疎通がうまくいかないケースがあったため、テレビ電話を全支所に設置し、対応することに決めた。この日はテレビ電話を通じて、鎮西支所から手話で「今まで不便だったが大変便利になる」とのメッセージが届けられた。

 同市のテレビ電話による手話通訳サービスは現在も続けられており、昨年度は15件の利用があった。平日の開庁時間に受け付けている。(新元号まであと311日)

このエントリーをはてなブックマークに追加