長岡望悠選手とトス回しをする子どもたち=嬉野市体育館

 嬉野市で合宿しているバレーボール女子久光製薬スプリングスの選手によるバレーボール教室が23日、嬉野市体育館であった。嬉野市の小学生バレーボールチームから約110人が参加し、トップ選手の技術を間近で体感した。

 教室では、ネットを使ったミニゲームや、うつぶせになってボールを地面にたたきつける運動などを行いウオームアップした。選手らと一緒になってトスを回す練習や、選手が打ったサーブを子どもたちがレシーブする実践練習も行い、トップレベルの技術をじかに教わった。

 選手と子どもたちが同じチームになって戦う試合形式の練習も実施した。

 合宿は同体育館で21日~23日まで行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加