■欧化一色憂い、教育へ情熱 登下校や昼休みになると子どもたちの明るい声が響き渡る伊万里市の大川小。同校の前身といわれている「本立堂」を設立したのは多久出身の漢学者で教育者の草場船山(せんざん)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加