佐賀県は9月に開講する「地域防災リーダー」の養成講座の受講者を募集している。防災の啓発や災害発生時の対応を習得し、地域で主導的に活動する人材を育てるとともに、専門知識を持つ「防災士」の拡大も図る。

 県内の地域防災リーダーは782人。受講対象は自主防災組織の役員や組織化されていない地区の自治会長らで、各市町の推薦が必要になる。講座は計3回で、開催予定日は9月15、22、29日。リーダーの役割や行政の災害対策、防災マップづくりなどを学ぶ。

 受講者は、講座最終日にNPO法人日本防災士機構が認定する防災士の資格試験を受けることができる。前年度は受講者87人のうち75人が受験し、全員合格した。受講料や防災士の試験受験料、登録手数料は無料で、申し込みの締め切りは7月18日。

 問い合わせは県消防防災課、電話0952(25)7026。

このエントリーをはてなブックマークに追加