佐賀県牛乳普及協会は「第39回牛乳・乳製品利用料理コンクール」のアイデア料理を募集している。書類審査で10点を選び、9月23日に佐賀市のアバンセで実演形式の県大会を行う。8月31日締め切り(必着)。

 料理は未発表のオリジナルに限り、4人分200ミリリットル以上の牛乳を使用することが条件。牛乳のほかに生クリーム、バター、スキムミルク、チーズ、ヨーグルトなどを組み合わせて使用できる。材料費は4人分2400円以内で、1時間以内で調理できるもの。普及性や独創性、味覚などの観点から審査する。

 コンクールは牛乳や乳製品の普及、消費拡大を目的に毎年実施しており、昨年は過去最高の867人から876点の応募があった。

 参加は高校生以上(現職の調理師は除く)で、複数応募も可能。応募用紙はJAさがのホームページでダウンロードできる。問い合わせは同協会事務局(JAさが酪農課)、電話0952(71)9644。

このエントリーをはてなブックマークに追加