唐津市議会は議会最終日の22日、再提案していた機構改革に伴う部設置条例改正案を全会一致で可決した。8月1日に施行する。

 議案は3月の定例議会に提案されたが、議会から疑義が出て、峰達郎市長が「庁内での意思疎通が不十分だった」として撤回し、見直して再提案していた。

 人口減少対策に取り組む「未来創生部」を新設し、企画部を「政策部」、商工観光部を「経済観光部」に改称するなどする。当初案に盛り込まれていた市民センターの強化は来春実施をめどに検討を進める。

 「原案通り可決すべき」という総務教育委員会での議案審査結果が22日に報告され、討論はなかった。施行に合わせ、職員の人事異動がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加