佐賀大学芸術地域デザイン学部の学生有志が自主企画したグループ展「表現と空間と言葉」が21日、佐賀市の佐賀大学美術館で始まった。同美術館をもっと活用しようと、5組の学生が自分たちの表現を作品にぶつける。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加