子どもたちに音楽の楽しさを伝えている岩永ゆりさん

 さわやかな風が吹き抜ける嬉野市大野原でゆりバイオリンスクールを開いている岩永ゆりさん(42)。雄大な自然に魅了され、長崎県から移住して7年。演奏活動や県内外の4歳から70代の生徒に教えています。

 5歳からバイオリンを始め、東京での修行やカナダ滞在の経験を経て、クラッシックからジャズまで幅広いジャンルを奏でます。ピアノとデュオのCD「おんがくのもり」も発表しています。

 「音楽で文化面に少しでも貢献していけたら」と岩永さん。大野原小中学校で嬉野市曲の「ふるさとの空よ」などをアレンジして指導し、卒業式や一宮神社祭などで子どもたちと美しい音色を披露しています。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加